肌に良い食べ物とは?

肌に良い食べ物ということを考えるに当たって、
基本的思考として、肌に良い栄養素を多く含んでいるものを考えてみることが大切です。

 

例えば、肌に良い栄養素として挙げられるのがビタミンCです。

 

ビタミンCは、
肌の黒ずみやシミの原因となるメラニン色素の生成や沈着を防止してくれる効果があります。

 

つまり、
紫外線をはじめとする悪影響に対して強力な美白効果があるという事。

スポンサード リンク

また、肌の弾力や潤いにつながるコラーゲンを合成してくれる作用もあります。

 

コラーゲンについての商品は、高価な化粧品から安価な食品までありますが、
一番重要なコラーゲンとは、自分の体内で生成されたコラーゲンになります。

 

 

体内生成のコラーゲンを増やす事と同時に美容品を使用することで何倍もの美肌効果が期待できるワケです。

 

ビタミンCを含む肌に良い食べ物といえば、

  • イチゴ
  • トマト
  • ブロッコリー
などの緑黄色野菜が挙げられます。

 

 

また、アンチエイジング効果があるとして注目されている栄養素としてビタミンEが挙げられます。

 

体内の酸化を促進し、
老化を引き起こしてしまう活性酸素を出来るだけ体外に排出してくれるように働きかけてくれる栄養素です。

 

活性酸素は、ファンデーションを塗って紫外線に当たるだけでも発生してまいます。

 

そこら辺を抑えられるミネラルファンデーションなどもあるようですが、
発生してしまった活性酸素を除去するには食物が重要になってきます。

 

このビタミンEを含む肌に良い食べ物としては、

  • アーモンド
  • ピーナッツといったナッツ類
  • 各種緑黄色野菜
などが挙げられます。

 

その他にも直接摂取するコラーゲンやリジンなども肌に良い栄養素とされています。
肉や魚などにもこれらの成分を多く含むものが多いのが特徴です。

スポンサード リンク