肌が黄色いのを改善する方法とは?

「どうも最近、肌が黄色いみたいで、それが強い悩みです。」

 

このようなお悩みを抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんか?

 

黄色い状態では、
今までのファンデーションも合わなくなり、さらにはなかなか合う色のものが見つかりにくくなるようです。

スポンサード リンク

特に女性の場合、
日頃からスキンケアのために、柑橘類のようなビタミンを
たっぷり含んだ食べ物を多く摂取される方がいらっしゃるかと思います。

 

 

確かにビタミンをはじめとする美肌な美白・アンチエイジングに関する栄養素は多く含まれています。

 

 

ですが、
実はあまり過剰に柑橘類を摂取してしまうと、
それ自体の影響で肌が黄色いという症状が現れることがあります。

 

 

美白の為の柑橘類摂取のはずが、肌を色づけてしまうという事です。

 

 

肌が黄色いと聞くと、「肝臓が悪いのでは?」というイメージがあるかもしれません。

 

 

しかし、肝臓病の場合に見られる黄疸は、
肌も黄色くなりますが、白目の部分も黄色くなるのが大きな特徴です。

 

 

柑橘類の摂取しすぎで肌が黄色いという症状がある場合を柑皮症と呼びます。

 

 

これは特に黄色の色素を多く含む柑橘類などを多く食べている場合に見られる症状です。

 

 

そのため、当然ながら、
過剰に柑橘類を食べていることをやめ、量を減らせば、自然と元の色に戻ってきます。

 

 

ビタミン豊富だからと、あまり極端に柑橘類を摂取すると、
肌が黄色いという新たなトラブルを引き起こすため、気を付けましょう。

 

 

何事もバランス感覚が重要ですね。

スポンサード リンク