サメ肌

MENU

サメ肌を改善する方法について

皮膚がかさかさ、ざらざらしてお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

 

 

皮膚があまりに乾燥してしまい、
まるで魚の鱗、サメの表面のようにざらざらするという症状…これがいわゆるサメ肌と呼ばれるものです。

 

 

正式には魚鱗癬と呼ばれ、その範囲は顔だけでなく、全身に及ぶ場合も多く見受けられます。

 

きれいな脚を目指すには、悩みのタネであるという人が多いようです。

スポンサード リンク

このサメ肌は遺伝的な要素が強く、
中学生頃の思春期にとりわけ発症率が高まりますが、年齢とともに症状が治まってくるのが一般的です。

 

 

そんなサメ肌ですが、皮膚科を受診すると、
まず角質を軟らかくするとともに、保湿を行えるような薬を処方されるケースが多いようです。

 

 

また、自宅でもしっかりとスキンケアをすれことが大切ですが、
とりわけ保湿とともに化粧水を使うことで、肌に潤いと栄養を与えるようにしましょう。

 

 

脚であっても顔と同じように徹底保湿しましょう。
ヴァセリンやユースキンといったハンドクリーム等の保湿剤を塗るのも有効です。

 

 

重要なのは、乾燥させる時間を与えない、という事です。

 

 

継続的なケアが必要です。

 

 

日中であってもマメに保湿を行うようにしましょう。

 

 

もちろん、就寝前、入浴後には徹底的に行うのがベストです。

 

 

さらに、サメ肌はビタミンAの不足によっても後天的に突如発症するため、
ビタミンAを豊富に含んだ

レバー
うなぎ
小松菜などの葉物野菜

を、日頃の食生活に取り入れたり、サプリメントで補うことが大切です。

スポンサード リンク